/

この記事は会員限定です

傾斜マンション1次下請け 日立ハイテク、対応遅さ際立つ

事実関係は「調査中」

[有料会員限定]

横浜市のマンション傾斜問題を巡り、日立ハイテクノロジーズの宮崎正啓社長は26日、東京都内で開いたアナリスト向け決算説明会で「住民や関係者に心配をかけ、心から申し訳なく思う」と述べた。不正が発覚した杭(くい)工事の1次下請けだった日立ハイテクの経営幹部が公に謝罪したのは初めて。ただ、事実関係は「調査中」と答えるだけにとどまり、対応の遅さが際立った。

半導体製造装置が主力の日立ハイテクはなぜマンショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン