関電など5社、送配電設備を共同調達 
計1000億円削減 完全自由化備え

2015/7/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関西電力は中国電力や九州電力など西日本の電力4社と送配電設備を共同調達する。関電が中心となり具体的な品目を決め、2015年度中に始める。将来は合計で年1千億円規模の費用削減をめざす。国内の電力業界で最大規模の共同調達になる見通し。法改正で本体から分離を求められる電力会社の送配電部門(総合・経済面きょうのことば)の統合につながる可能性もある。来春の電力の完全自由化をにらみ電力会社の提携の動きが加速…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]