地熱発電、23年ぶり「大型」 Jパワーなど秋田で着工 固定買い取り制追い風

2015/5/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

Jパワー、三菱マテリアル、三菱ガス化学の3社は25日、秋田県湯沢市で大規模地熱発電所の建設を始めた。発電能力は8万世帯の年間電力消費量に相当する4万2千キロワットで事業費は約300億円。計画通り2019年に運転が始まれば1万キロワット超の地熱発電所として23年ぶりの稼働となる。世界3位の地熱量を誇る日本に地熱発電が根付くかどうかの試金石となる。

地熱発電は地中から吸い上げた高温の蒸気でタービンを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]