2019年6月25日(火)

ソフトバンクとファミマ、「Tポイント」に200億円出資 購買情報を活用

2015/3/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクとファミリーマートは共通ポイント「Tポイント」の運営会社に出資する方針を固めた。出資額は計約200億円とみられ3割強の株式を取得する見通し。Tポイントは5千万人超の購買履歴などの情報を持つ。政府は個人情報保護法を改正し、条件付きで第三者に情報提供を可能にする方針だ。運営会社に出資し、購買関連のビッグデータを活用しやすくする。

両社はCD・DVDレンタル「TSUTAYA」運営のカルチュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報