/

この記事は会員限定です

シェア首位9品目交代 ポータルサイト、ヤフー返り咲き

国内102品目15年調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社が23日まとめた2015年の国内の「主要商品・サービスシェア調査」で対象102品目のうち9品目で首位が交代した。産業用ロボットでパナソニックが首位に浮上し、ポータル(玄関)サイトでヤフーが首位に返り咲いた。輸入乗用車ではメルセデス・ベンツ日本が16年ぶり首位となった。(関連記事企業面、詳細を25日付日経産業新聞に)

首位が交代したのは産業用ロボットなどのほか、複写機・複合機や市販カー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン