/

この記事は会員限定です

タカタの法的整理提案 支援候補2陣営

車各社も賛同 事業は継続

[有料会員限定]

エアバッグの大規模リコール(回収・無償修理)問題に揺れるタカタの有力スポンサー候補2陣営が、いずれもタカタの法的整理を提案していることが18日、明らかになった。裁判所の管理下で事業を継続しながら巨額の負債を処理し、早期の再建を目指す。私的整理を求めてきた創業家と最終調整に入るが、難航も予想される。(関連記事総合1面に

法的整理を提案するスポンサー候補はエアバッグ世界最大手のオートリブ(スウェーデン)と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン