/

この記事は会員限定です

ジャパネットたかた、2期連続最高益

前期、経常13%増 創業者退任、花道飾る

[有料会員限定]

通販大手のジャパネットたかた(長崎県佐世保市)は16日、2014年12月期の経常利益が前の期比13%増の174億円になったようだと発表した。2期連続で最高益を更新する見込み。同日付で社長を退任した創業者の高田明氏(66、写真)は花道を飾った格好。会長や顧問には就かず、経営は長男の高田旭人社長(35)に全面的に委ねた。

同期の売上高は前の期比8%増の1538億円だった。明氏はかつて「13年12月期に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン