/

この記事は会員限定です

三井物産が運営社に出資

英伝統校のインターナショナルスクール

[有料会員限定]

三井物産は15日、英国の伝統校セイント・アルバンス・スクールのインターナショナルスクール事業に参画すると発表した。最大20%(約10億円)を運営会社に出資する。世界のインターナショナルスクールの市場規模は330億ドルで、今後10年間は年率6.5%で成長する見通し。同校が計画するアジア・中東地区での分校建設などを支援する。

アルバンス校とシンガポールの学校運営会社であるDEW社との合弁会社に出資す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン