/

この記事は会員限定です

燃料電池車向け水素の価格決定

岩谷産業、10円分で1キロ走行可

[有料会員限定]

岩谷産業は14日、燃料電池車(FCV)向けの水素の価格を走行距離1キロメートル当たり10円にすると発表した。高級セダンベースのハイブリッド車(HV)とほぼ同じコスト水準となる。FCV向け水素の商業販売価格を決めるのは業界で初めて。FCVの普及を後押ししていく。

1キログラム当たり1100円で販売する。水素1キログラムでFCVは110キロメートル程度走行できる見通し。体積に換算する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン