2018年8月20日(月)

外食、苦肉の省力調理 求人倍率3倍、確保難航
「築地銀だこ」やグルメ杵屋 くるくる、トントン、実演見せたいが…

2017/8/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 人手不足に悩む外食企業が省力化投資を進め、調理作業を効率化する。「築地銀だこ」を運営するホットランドは専用の自動たこ焼き器を全国の店舗に順次導入する。グルメ杵屋は手打ち実演が売り物のうどんチェーン「杵屋」で製麺機を導入する。調理や接客・給仕の有効求人倍率は3倍台と高い。競争が激しい中、人件費の増大を抑え、価格への転嫁を極力防ぐ。

 ホットランドはたこ焼きが自動でくるくる回り、店員が最低限の手間でき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報