造船、ブラジル生産撤退
IHIなど3社 資源安が直撃

2016/3/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ブラジルの経済不安(総合2面きょうのことば)を受け、日本企業が現地戦略を見直す動きが広がり始めた。IHI、日揮、ジャパンマリンユナイテッド(東京・港)の3社は共同で出資するブラジル最大級の造船所から撤退する。新日鉄住金は現地鉄鋼大手の経営再建を支援するため追加出資を迫られる。資源安の影響でマイナス成長に陥ったブラジル経済は不透明感が強い。事業を再構築する日本企業が増えそうだ。(関連記事国際1面に)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]