/

この記事は会員限定です

ユニクロ、中国店舗数が日本超す

20年にも1000店に 店長候補を短期育成

[有料会員限定]

ファーストリテイリング傘下、ユニクロの中国店舗数が2020年にも日本を超える。地方都市での出店を拡大し、現在の2倍弱にあたる1000店体制を構築。横ばいが続く見通しの日本国内店舗(840店程度)を上回る。短期間で店長候補を育成する仕組みも新たに導入した。海外事業を強化し、売上高3兆円達成の原動力とする。

ユニクロは5月末時点で中国約120都市に約540店を展開している。従来は年100店規模を出店してきたが、「2~3年以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン