JTの飲料自販機事業、ビール3社が買収名乗り 1000億円規模の争奪戦

2015/4/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本たばこ産業(JT)が飲料自動販売機の運営事業の売却を検討し、サントリーホールディングスなどビール系大手3社が買収に名乗りをあげる。飲料メーカーにとって販路拡大は重要な課題で、JT事業の行き先次第で勢力図が塗り替わるため、激しい争奪戦が予想される。買収金額が1000億円規模になる可能性もある。(関連記事企業1面に

JTは子会社を通じて全国で26万台超の自販機を運営する。首位の日本コカ・コーラ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]