/

この記事は会員限定です

日本企業も標的の恐れ

制度見直し、乱用防止策が必要

[有料会員限定]

パテント・トロールの活動の主体は米国だが、日本企業も無縁ではいられない。米国に進出する日本企業も狙われる対象となる可能性があるからだ。過去には数百億円規模の和解金を支払ったケースもある。

特にスマートフォンなど電子機器は一つの製品に10万件規模の特許を使用しており、常に他社の特許に抵触する可能性がある。

事業会社同士ならお互いに特許の使用を認めるクロスライセンス契約を結ぶこともできるが、トロール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン