/

この記事は会員限定です

米携帯再編「合意近い」 ソフトバンク社長

スプリントを軸に 資金調達など課題

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが米携帯電話再編の動きを加速させてきた。孫正義会長兼社長は7日、米子会社で4位のスプリントについて「複数の事業統合の相手先を想定して検討、交渉している。意思決定の時期は近い」と言明した。スプリントの買収から4年。異業種とのM&A(合併・買収)を通じて巨大化するライバルへの対抗を急ぐ。

「交渉は一歩一歩進んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン