5期連続、営業最高益 前期、コンビニ店舗数6%増

2016/4/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスが7日発表した2016年2月期の連結決算は、営業利益が前の期比3%増の3523億円と5期連続で最高を更新した。

おにぎりやサンドイッチといった定番商品の販売が好調で、コンビニエンスストア事業がけん引した。金融事業も好調で「イトーヨーカドー」などのスーパー事業の苦戦を補った。

売上高にあたる営業収益は前の期比微増の6兆457億円だった。「セブンイレブン」の国内店舗数は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]