/

この記事は会員限定です

セブン、店の検品時間20分の1

ICタグで負担軽く 種類や数、カゴごと確認

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンはICタグを使い、商品納入時の店員による確認作業を大幅に効率化する仕組みを導入する。商品を運ぶ専用カゴにICタグを取り付け、店舗でカゴの中の商品の種類や数を瞬時に確認できるようにする。1店舗当たりの1日の作業時間を20分の1に短縮できる見通し。人手不足が続くなか、検品作業の効率化で店員の負担を減らす。

セブンは国内に1万9千店超のコンビニエンスストアを持ち、各地の配送セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン