2018年12月13日(木)

セブン&アイ、百貨店縮小 H2Oに関西3店舗譲渡
資本業務提携で株式持ち合い

2016/10/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスは百貨店事業を大幅に縮小する。関西が地盤のエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)と資本業務提携すると6日発表した。株式を持ち合うとともに、セブン&アイ傘下のそごう・西武が運営するそごう神戸店(神戸市)など3店をH2Oに譲渡する。国内市場の縮小が続くなか、セブン&アイがH2Oとの提携に踏み切ることで百貨店業界に不採算店の閉鎖や売却がさらに広がる可能性がある。(関連記事総合2、企業総合、投資情報面に)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報