ゴールドマン系、バイオマス発電参入
再生エネ投資見直し 太陽光の採算性悪化

2017/6/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 米ゴールドマン・サックス(GS)傘下の発電会社が日本で再生可能エネルギーの一種であるバイオマス(生物資源)発電に参入する。約400億円を投じて10カ所以上の発電所を開設する。GSは太陽光発電を中心に投資を拡大してきたが、買い取り制度の価格引き下げで太陽光発電の採算性が悪化。GSは安定電源として期待されるバイオマス発電に軸足を移す。

 GS系で発電事業を手掛けるジャパン・リニューアブル・エナジー(J…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
10:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報