/

この記事は会員限定です

鹿島、3Dで工事管理

図面作製の効率化、全面導入 技術者不足に対応

[有料会員限定]

鹿島は2015年度中にビルなどの全建築工事をコンピューター上に作成した立体(3D)画像で管理する体制に切り替える。従来の2次元データによる管理に比べて、図面作製に携わる技術者を半分に減らせる。20年開催の東京五輪に向けて建設作業が急増し、技術者不足が懸念されることから、最新のIT(情報技術)の活用による業務の効率化を急ぐ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン