/

この記事は会員限定です

物流改革へ新拠点 ネット通販、配送早く

住商5カ所 外資も拡大 省力化で大規模に

[有料会員限定]

大型の物流施設(総合2面きょうのことば)の開設が相次いでいる。今年稼働する施設の面積は首都圏で8年ぶりに最大となる見通し。住友商事は3年で760億円を投じ5カ所開設。米系物流施設大手、プロロジスも日本で年500億円規模を投資する。ネット通販需要が急拡大してきた国内物流は配送時間短縮といったサービス競争の時代に突入している。需要の多い都市部で拠点が増えることで消費者の利便性が高まりそうだ。

不動産サービス大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン