豪鉄鉱石大手 強気の増産
中国・インド需要見込む 足元の価格弱含みでも

2017/4/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 リオ・ティントやBHPビリトンなどオーストラリアを拠点にする鉄鉱石大手がそろって増産する姿勢を示している。中国の需要回復が続くことやインドの急速な粗鋼生産の伸びを期待しているためだ。このほど出そろった1~3月期の報告では鉱山が悪天候に見舞われた影響で生産が振るわず、ブラジルの競合による供給の増加で足元の価格は弱含んでいるが、強気の姿勢は揺るがない。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 16:13
13:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 16:16
14:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
12:30
11:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報