/

この記事は会員限定です

インドITサービス3社 人件費高騰、先行きに影

4~6月決算

[有料会員限定]

【ムンバイ=堀田隆文】インドIT(情報技術)サービス大手3社の2016年4~6月期連結業績が出そろった。最大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)と2位インフォシスの純利益が前年同期比で2桁の伸びを確保する一方、3位ウィプロは2四半期連続の減益となった。上位2社も人件費の高騰に直面しており、収益環境の先行きは厳しさを増している。

TCSの4~6月期の連結純利益は前年同期比11%増の631億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン