越境ECの台頭も痛手

2017/4/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の食品大手に追い打ちをかけているのが、インターネット通販で海外商品を購入する「越境EC(電子商取引)」の台頭だ。中国政府による優遇関税の導入もあり、昨年から急速に拡大している。2016年は前年比33%増の1兆2千億元(約18兆8400億円)となったもようだ。

越境ECサイトで特に人気があるのは粉ミルクだ。08年に国産品に有毒物質「メラミン」が混入して乳幼児が死亡する事件が発生して以降、子ども…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]