/

この記事は会員限定です

日本トルコ連合、中央アジアからインドへガス輸出

日揮など手掛ける1兆円事業 建設2社が参加

[有料会員限定]

世界4位の天然ガス埋蔵量を誇る中央アジアのトルクメニスタンで、インドへの輸出計画が動き出す。日揮や千代田化工建設が事業費1兆円を超える関連プラントを手掛ける方向で、そこに現地事情に詳しいルネサンス・ホールディングなどトルコ建設大手2社も加わる。ロシアと中国への依存度低下をめざす中央アジアのエネルギー輸出事業に「日本・トルコ連合」で挑む。

埋蔵量世界2位のガルキニシ・ガス田に近いトルクメン南東部の都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン