/

この記事は会員限定です

独ロボ大手クーカの筆頭株主に

美的集団、株25%追加取得

[有料会員限定]

【フランクフルト=加藤貴行】中国家電大手の美的集団による独産業用ロボット大手クーカへのTOB(株式公開買い付け)を巡り、クーカの大株主である独機械大手フォイトは4日までに、クーカ株25.1%を12億ユーロ(約1370億円)で売却すると発表した。美的はクーカの筆頭株主になり、株式の過半を握るかが今後の焦点になる。

美的は従来クーカ株を13.51%保有。25.1%を追加取得し、経営の重要事項に拒否権を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン