/

この記事は会員限定です

任天堂「スイッチ」中古品が高騰

ネット競売、新品の4割高 家電量販店で品切れ続く

[有料会員限定]

発売から半年がたつ任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の品薄が続いている。家電量販店では入荷後に即完売。中古品の価格も高騰しており、インターネットの競売サイトでは新品価格を3~4割上回る金額での落札が多い。

都内の家電量販店では軒並み品切れ状態が続く。家電量販大手のヨドバシカメラは「月に数回は入荷するものの、消費者の需要を満たせていない」という。

新品が手に入りにくいため、中古品の価格が高騰し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン