建設現場 ドローン助っ人
三井不など、省力化急ぐ 五輪特需に対応、新工法も拡大

2017/8/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
共有
保存
その他

 2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、ゼネコン(総合建設会社)や不動産会社が、新工法やドローン(小型無人機)を活用して建設現場での作業効率の向上に乗り出す。五輪の関連施設や首都圏再開発の建設工事は目白押し。作業員の不足や高齢化を背景に、工期短縮や工事の省力化、過重労働の解消は急務だ。最新技術で五輪特需のピークに対応する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 18:16
16:18
東京 22:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 21:43
21:39
北陸 9:46
2:00
関西 17:00
13:30
中国 2:00
2:00
四国 11:30
2:00
九州
沖縄
21:21
21:13

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報