/

この記事は会員限定です

建設現場 ドローン助っ人

三井不など、省力化急ぐ 五輪特需に対応、新工法も拡大

[有料会員限定]

2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、ゼネコン(総合建設会社)や不動産会社が、新工法やドローン(小型無人機)を活用して建設現場での作業効率の向上に乗り出す。五輪の関連施設や首都圏再開発の建設工事は目白押し。作業員の不足や高齢化を背景に、工期短縮や工事の省力化、過重労働の解消は急務だ。最新技術で五輪特需のピークに対応する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン