20年東京五輪協賛額、最高に 12社で1500億円超す 「1業種1社」こだわらず

2015/4/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのスポンサー集めが好調だ。14日には、みずほフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループが大会組織委員会と契約を結び、協賛企業は全12社となった。スポンサー収入は組織委の目標である1500億円を既に上回り、五輪史上最高となるのは確実。国内企業の好業績を追い風に、「1業種1社」という五輪のスポンサーの慣例を破る手法も奏功している。

東京組織委は1月からス…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]