介護問題映す無届けホーム
高齢者を低料金で受け入れ 「行き場ない人救う」 「安全面など懸念も」

2016/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人手や施設の不足が深刻な介護の問題は、参院選でも大きな争点の一つだ。現場では、行政に届けを出さず、比較的低い料金で高齢者を受け入れる「無届けホーム」が依然として後を絶たない。実態が見えづらく安全管理面も懸念されるが、順番待ちで特別養護老人ホーム(特養)などに入れない高齢者や低所得層の受け皿になっている。

札幌市郊外に立つ2階建ての集合住宅。18部屋は60~90歳代の男女で満室だ。2人に1人は認知…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]