/

この記事は会員限定です

父の育児 阻む職場 「パタハラ」12%が経験

退社後あえて会議/制度申請で降格 意識と働き方の改革必要

[有料会員限定]

育児休業などを取得する男性が職場で嫌がらせなどを受ける「パタニティ(父性)ハラスメント」が子育てをめぐる新たな問題となっている。連合の調査で子供を持つ働く男性の1割以上が経験のあることが判明。政府は4年後に男性の育休取得率を13%とする目標を掲げるが、現状は2%にとどまっている。専門家は「職場の意識改革に加え、長時間労働など働き方の変革も必要」と指摘している。

「会議に出ていないのは君だけだぞ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン