/

この記事は会員限定です

風テラス 女性の悩み聞く

風俗店待機所に弁護士ら出向く 公的支援の利用促す

[有料会員限定]

性風俗店で働く女性に法律や生活面のアドバイスを――。経済的に困窮する女性らの職場に弁護士や社会福祉士が出向き、相談に乗る取り組みが動き出した。性風俗店の女性の中には、公的支援の枠組みから漏れている人も少なくない。専門家のアドバイスで自立を促すのが目的だ。

「急病でお金が必要になったらと思うと怖くて、仕事を減らせない」。東京都内のマンションの一室にあるデリバリーヘルス(無店舗型の性風俗店)待機所で開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン