/

この記事は会員限定です

GPS捜査対象 犯罪類型7つに 警察庁、06年に運用要領

[有料会員限定]

捜査対象者の車両などに全地球測位システム(GPS)端末を取り付ける捜査手法をめぐり、警察庁が2006年にまとめた運用要領で、略取誘拐や連続発生した強盗・窃盗、暴力団関係など7つの犯罪類型を対象として示していたことが15日、分かった。

被害者の命に危険が及ぶ逮捕監禁、恐喝、組織的な薬物・銃器犯罪に加え、「社会的危険性や反響が大きく、速やかな検挙が特に必要と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン