2019年2月23日(土)

細る国産麻 神社困った
神事用不足「伝統守りたい」 「自前栽培」許可下りず

2017/2/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

神社のしめ縄などの材料として使われる国産の麻の生産が危機に直面している。麻を原料とする大麻の違法所持事件が相次ぐ一方で、外国産の普及や後継ぎ不足で栽培農家が減っているためだ。三重県伊勢市では神社関係者らが麻の栽培を県に申請したが、盗難防止策の不十分さなどを理由に認められなかった。関係者は「国産の麻で神様を祭る伝統を絶やしたくない」と話している。

「免許を与えることはできない」。伊勢麻振興協会(伊…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

大麻 減らぬ乱用[有料会員限定]

2017/2/10付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報