2019年6月17日(月)

「高齢者は75歳から」 学会が提言 65~74歳は社会の支え手

2017/1/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本老年学会と日本老年医学会は5日、現在は「65歳以上」とされる高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げるべきだとする国への提言を発表した。心身が健康な高年齢者が増えたためで、65~74歳は「准高齢者」とし、社会の支え手として捉え直すべきだとしている。社会保障や雇用制度をめぐる議論に影響を与える可能性がある。

提言をまとめるに当たり、両学会は高年齢者の様々な健康データを解析。日本老年医学会副理事長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

定義見直し 高いハードル[有料会員限定]

2017/1/6付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報