/

この記事は会員限定です

ギャンブル依存症、不要なリスク選択

京大、脳機能一部が低下

[有料会員限定]

京都大学の高橋英彦准教授らは、ギャンブル依存症の患者には無理をしなくてもよい場面でリスクを冒してしまう傾向があることを実験で突き止めた。患者の脳機能の一部が低下していることも分かった。高橋准教授は「患者は『リスクを避けるべきだ』といった正しい選択ができずに、ギャンブルを繰り返してしまうと考えられる」と話す。

成果は4日付の英専門誌の電子版に発表した。研究チームは20~50代のいずれも男性のギャンブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン