/

この記事は会員限定です

最古の酵母が新風

老舗酒蔵・新政の8代目 佐藤祐輔さん

[有料会員限定]

秋田市随一の繁華街、川反(かわばた)から歩くこと数分。川沿いの静かな一郭に日本酒造り業界に新風を巻き起こす新政酒造はある。東京大出身で元フリーライターという異色の経歴の8代目社長、佐藤祐輔さん(42)に革新の神髄を尋ねると意外な答えが返ってきた。「酒造は伝統産業。古さ8割、新しさ2割ぐらいがちょうどいい」

現存最古の日本酒酵母「協会6号」を採取した名門。大戦中は国の指導で国内すべての酒蔵がこの酵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン