東京五輪、暑さ難敵 選手・観客の熱中症防ぐ
街路樹育て木陰/舗装に遮熱樹脂

2017/8/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックで選手や観客の熱中症を防ごうと、競技場周辺やマラソンコースの暑さ対策が急ピッチで進んでいる。街路樹を大きく育てて木陰を増やしたり、道路の舗装を遮熱したりと自治体は知恵を絞る。過去の夏季五輪や世界大会で選手が脱水症状や熱中症になったケースもあり、東京大会の大きな課題となっている。

7月下旬、東京・神田の外堀通り。強い日差しが照りつけるなか、高所作業車に乗ったヘルメ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]