/

この記事は会員限定です

積水ハウス、「パワハラ自殺」訴訟で和解

[有料会員限定]

積水ハウス(大阪市北区)の社員だった男性(当時35)が自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因だとして、両親が同社に慰謝料など約9200万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁で和解したことが2日、分かった。同社が和解金6千万円を支払う内容。3月24日付。

訴状などによると、男性は顧客のアフターサービスなどを担当するようになった2010年8月以降、上司から、部下の指導不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン