/

この記事は会員限定です

金塊か、206キロ密輸疑い

小型船の船長ら8人逮捕 佐賀

[有料会員限定]

小型船を使い佐賀県唐津市の港に金塊とみられる積み荷約206キロを密輸したとして、第7管区海上保安本部や佐賀県警などは1日、長崎県壱岐市勝本町本宮南触の船長、斎藤靖昭容疑者(49)や中国人の男ら計8人を関税法違反(無許可輸入)の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

門司税関が金塊かどうかを調べている。財務省などによると、金塊と確認されれば、1回の押収量としては過去最多で、約10億円相当に上ると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン