/

この記事は会員限定です

環境省、トレラン開催で指針

国立公園の保全に配慮

[有料会員限定]

山道を軽装備で走るトレイルランニング(トレラン)の愛好者増加を受け、環境省は国立公園でのトレラン大会開催に関する指針を策定し、1日から運用を始めた。登山客が多い時期や自然保護規制が厳しい場所での開催を避けて、事故防止と環境保全に配慮するよう促す。都道府県に通知しており、国立公園以外で開く大会でも参考にしてもらう考えだ。

トレランは登山やマラソンの人気に伴って競技人口が増加。日本能率協会総合研究所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン