/

この記事は会員限定です

バイオ特許出願 日本勢は出遅れ

人工臓器、米国の半分以下 特許庁調査

[有料会員限定]

特許庁は、日米や中国、欧州などの主要国・地域で最先端のバイオ技術の特許出願状況に関する調査結果をまとめた。生体由来の物質を使った新たな人工臓器では、日本勢による出願は米国勢の半分以下となった。遺伝子を自在に書き換える「ゲノム編集」技術でも日本勢は年数件にとどまり、主要国と差が付いている。

特許庁が日米欧中、韓国、台湾、ブラジル、ロシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン