/

この記事は会員限定です

電源構成、原発で決定先送り

役所・慎重派、あうんの呼吸?

[有料会員限定]

「今になって基本的なことを言うのは、私個人としては非常にむなしく思う」

26日、経産省の大会議室で開かれた総合資源エネルギー調査会の長期エネルギー需給見通し小委員会。委員長の坂根正弘委員長(コマツ相談役)は、苦々しい表情を浮かべた。

2030年の電源構成を決める同委員会では、政府案が淡々と了承されると大半の関係者がみていた。これを土壇場で覆したのは、3人の委員だった。

「原発比率が20~22%にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン