/

この記事は会員限定です

神戸空港の運営権 オリックス陣営が取得へ

[有料会員限定]

神戸空港の運営権売却(コンセッション)を巡り、入札参加を表明していた双日が13日に撤退の意向を示し、残るオリックス陣営が運営権を取得する見通しとなった。運営権を売却する神戸市と協議したうえで、2018年4月に民営化をスタートする予定だ。

オリックス陣営は同社と仏バンシ・エアポート、関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港を運営する関西エアポートで構成。同陣営は運営権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り175文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン