/

この記事は会員限定です

5台に1台、自動運転に 経産省が2030年目標

普及へ制度づくり

[有料会員限定]

経済産業省は人工知能(AI)などを活用する「第4次産業革命」に向け、2030年時点の自動運転の目標を新たにつくる。自動車の5台に1台が自動運転車になっていることを目標に、そこから逆算して制度づくりに取り組む。課題を洗い出すために高速道路などでの実証実験も進める。

13日に開く産業構造審議会(経産相の諮問機関)の部会で目標案を示す。部会は今年4月にまとめた次世代の産業像に関する「新産業構造ビジョン」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン