/

この記事は会員限定です

沖縄が敬愛する野球人

編集委員 大石格

[有料会員限定]

沖縄戦の最後の激戦地となった摩文仁の丘に島守の塔と呼ばれる碑がある。殉職した県庁職員の遺族らが建てた。碑文には「沖縄県知事島田叡 終焉之(しゅうえんの)地」とあるが、最期を見た人はいない。

官選知事の島田が来県したのは米軍上陸が迫る1945年1月。半年足らずの在任だったが、県民の多くがいまなお敬愛する。今月26日、那覇市で新たな顕彰碑の除幕式がある。

沖縄では本土から来た軍人・官僚の評判は概して芳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン