/

この記事は会員限定です

信託銀、個別開示で足並み

議決権行使 透明性を確保

[有料会員限定]

大手信託銀行が投資先企業の株主総会で行使した議決権内容の個別開示で足並みをそろえる。態度を明確にしてこなかったりそな銀行は8月から各議案に投じた賛否を個別に開示する。同行は信託業務も手掛けている。みずほ信託銀行も同月から公表する方針だ。信託銀の投資先は融資先と重なることも多い。個別開示で透明性を高め、利益相反に対する疑念の払拭につなげる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン