2018年8月19日(日)

議決権行使、個別に開示 金融庁、機関投資家の規範改訂

2017/5/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 金融庁は29日、機関投資家向けの新しい行動規範を決めた。投資先企業の株主総会でどう議決権を行使したかを原則、個別に開示するほか、第三者が意思決定に関わる仕組みを作るよう求める。企業と対話を重ねて経営への関与を深め、投資行動の透明性を高める狙いだ。6月に集中する株主総会から導入し、11月末までの公表を求める。

 金融庁が公表したのは「日本版スチュワードシップ・コード」と呼ぶ機関投資家の行動規範だ。機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報