/

この記事は会員限定です

ユーチューブ、広告主が相次ぎ離反

悪質動画に表示で

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米グーグル傘下の動画配信サイト、ユーチューブに投稿されたヘイトスピーチや過激思想などを含む悪質な動画に広告が表示されることを受け、広告を取り下げる企業が相次いでいる。ベライゾン・コミュニケーションズやAT&Tなど米通信大手に続き、日用品や金融機関などにも広がっている。グーグルは対策を打ち出しているが、広告主の不信の連鎖を止められずにいる。

米大手では通信業界に続き、

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません